広告の研究

「エンディングまで、泣くんじゃない。」MOTHERの名コピーを語る。

当時コピーライターだった糸井重里さんがシナリオを担当し、任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のRPG「MOTHER」(マザー)。ドラクエやFFとは違い、等身大の少年少女が主役の物語は他のRPGとは異色を放った作風で、発売から30年以上たった今でも語られる偉大なRPGです。そんなRPGのキャッチコピーを制作されたのは、糸井さん自身かと思いきや、一倉宏さん。糸井さんに頼まれたということもあってか、大量のコピーを考えて提案されたといいます。そのなかから糸井さんが選んだ1本がこのコピーだったそうです。

「泣くんじゃない」がグッとくる。

意味も全然違うし、次元も違うんですけど、このコピー「家に帰るまでが、遠足やで!」と親や先生から注意されているような感覚と似てませんか(笑)?少年少女に最後まで背筋をピンと立たせるように促すコピーで、とても好きな作品です。また、このコピーはRPGとしてのワクワク感や期待感もちゃんと放っています。それは、エンディングまで泣くのを我慢しなきゃいけない、つまり、エンディングまでに泣きたくなるような出来事がいくつもあることが暗に提示されてるんです。何よりグッとくるのは、「泣くんじゃない」という言い回し。まるで、玄関からこどもを送り出す親の「優しさ」とか「厳しさ」を感じます

「泣くな」だと、強すぎるし、
「泣いたらだめだよ」だと弱すぎる。

ほんの小さな言い回しで、感情のカタチがまったく違いますよね。ほんと、愛情を感じるあったかいコピーです。