ブログ

すべての仕事は「言葉」でつくられる。

言葉はもっともコスパがいい。

どんな仕事でも共通して大切なこと。それは「言葉」だとぼくは信じています。その気づきを得られたのは、勤務先での経験のおかげです。もう10年近くお客さんの心を動かすためにレスポンス広告を作り続け、いくつものパートナー企業の方とディスカッションを重ねてきました。かつ、社内ではマネジメントする立場でもあり、部下に発信したり、部下から受信することも、何度も繰り返してきました。…で、最近その経験値がある地点に到達したみたいで、「言葉」の重要性に気づけました。

それは、多くの人がある目的(課題解決)に向かい、いっしょに進むための目印として「言葉」はもっともコスパがいい、ということ。「言葉」って多くの人に流通しているツールで、伝達するときも「話す」「書く」どこでもすぐにできますよね。

ビジネスシーンでたまに見かける「いい感じにしといて」。
例えば社内で、あるいは当事者同士でその「いい感じ」がどういうものなのか、共通認識があったとしても、それはかなり「危うい」。なぜなら、企業文化や制作物の意図や目的、これらが完全に同調することは、かなりレアケースだと思うんです。そういうコミュニケーションでモノづくりをされている瞬間を何度か目にしたこともあるけれど、仕事に対する姿勢とか感覚…すこしへんな言い回しになるけれど「魂の高さ」が、同じ場所にあるときしか「いい感じ」は通用しないと思うんです。なので、いろんな事情で、いろんな思惑をもってあつまるビジネスの場において「いい感じ」で通用することは、ほとんどないと思った方がいい。だから、ぼくは「言葉」にこだわる。といっても、「なるべく具体的にすること」を意識しているくらいで、大したことはしていません。

抽象的なことをなるべく具体的に

例えば赤ちゃんの仕草をみて「かわいい」と思う感情もあれば、老夫婦が仲良く手をつないでいるのをみて「かわいい」と思う感情もある。感情だけじゃない。ピンクが「かわいい」色だと思う人もいれば、黄色が「かわいい」色だと思う人もいる。もっといえば、この靴のピンクは「かわいい」けど、こっちの靴のピンクは「かわいくない」と、デザインが影響して意見が変わることもある。ようするに、抽象的なことをなるべく具体的にしないと、思わぬところで認識がズレてしまいます。とくにクリエイティブな仕事の場面では、これを何度も深く掘って、ようやくお互いに近づいていくものだと思うんです。しかも、それだけやっても完全一致がむずかしいです。

「言葉」はあらゆる仕事で重要なツール。

「言葉」が明確だと、制作物のクオリティとスピードが間違いなくあがります。広告の企画内容や文章、デザイン、写真などあらゆる要素がブレずにピタッとはまっていくので、そういう瞬間はほんとうに気持ちがいいものです。これは制作の仕事に限りません。ぼくは普段、いわゆる「プレイングマネージャー」と呼ばれるポジションで、スケジュール確認とか報連相に対してフィードバックをする「マネジメントとディレクション」を日々、くりかえしています。そういう部下や組織全体へ伝える場面で「言葉」がブレていると、やはり伝わりきらないんです。誤解を生んだり、ひどいときは真逆で伝わっていたり…こういう経験を広告制作の場面や、社内のコミュニケーションで何度も失敗をしてきました。もちろん、今もかわらず失敗はしますが、最近、少しずつ意図したとおりに伝わる場面が多くなってきて、成功体験も確実に得られてきた感覚があるんです。

「言葉」は具体的な「行動」を示す。

この「言葉」なんですが、そもそも受け取る側との「信頼関係」が築けていなければ、いくら具体的だろうが、まったく意味をなさないのも事実。言うまでもないですが、やはり信頼を築くには「言葉」だけでなく「行動」も必要です。でも、むやみやたらに行動したのでは意味がありません。その信頼を築くための「行動」(目的)を具体化させるのも、やっぱり「言葉」なんです。だから、仕事を前に進める時も、マイナスになった関係を築きなおす時も、どんなときでもぼくは「言葉」の「旗」をたてることを、いちばん大切にしたいと日々、思っています。